借金の一括返済の催促が急に届いてしまった場合の対処法

借金の返済を放置していたら急に一括返済の催促が!!

 

消費者金融などの金融業者の借金返済を放置していると、最初は電話やハガキなどでの返済催促が来ますが、
それでも無視していると裁判所から特別送達という形で訴状や支払督促という書類が郵便で送られてくることがあります。

 

内容としては借金の一括返済を催促するもので、どれぐらい放置しているとこのような催促が来るかというのは
その貸金業者によって違いますが、早ければ3〜4ヶ月、中には3〜4年後に送られてくることもあります。

 

 

悪意を持ってわざと放置していたのならわかりませんが、通常であれば返済が滞ってしまうのは支払うお金がない場合が多いのでこのように急に借金の一括返済を催促されてもできない!という状況の人がほとんどでしょう。

 

 

そうなった時の対処法について紹介したいと思います。
まず、一番やってはいけないのは先程のように支払うことができないからといって
後は野となれ山となれの如くこの催促すらも無視、または放置してしまうことです。

 

 

そうなると督促状の請求通りの内容が認められてしまうことになるので財産差し押さえや
給料差し押さえといった措置が取られてしまうことになります。

 

 

なので訴状でも支払督促でもどちらの場合でもアクションを起こさなければいけません。
もちろん、一括返済が困難な場合は分割にしてくださいでもいいので相手側に伝えなくてはいけません。

 

 

この時に重要なのはまず専門家に相談をすることです。

 

 

例えば、借金は支払いをしなくなって5年以上経過していれば時効となるケースがありますが、
これはあくまでも時効であることをこちら側が主張した場合の話で5年経っていたとしても
訴状を送ってきて裁判を起こしてくる会社もあります。

 

 

このような知識がなく自分で対応すると、相手側の主張が全部通ってしまい大きく損をしてしまう可能性が借金問題にはあります。

 

 

また、先程のようにその他の借金などでまったく余裕がないということもあるでしょう。
一括返済の催促が来るという状況に置かれているということはすでに借金返済のサイクルが回っていない状態でもあるので債務整理を始めとした借金を減らすためのなんらかの対処法を探さなければいけないタイミングです。

 

 

であれば早急に専門家に相談をして一括返済の催促への対応と自分の今の借金の状況を踏まえた上での
最善の策を取ることをオススメします。

 

 

貸金業者に余計に搾取されることなく借金完済に向けて新たな一歩を踏み出すことができるでしょう。

 

まずはお近くの借金問題の専門家を無料で比較・相談できるサイトがあるので利用してみてはいかがでしょうか?
詳細は下記の記事で紹介しています。

 

>>家族にバレずに借金返済をする方法